Q&A

よくある質問

Q&A-よくある質問-

お墓はどのようなとき建築すると良いのでしょうか?
沖縄ではお墓の建立は七夕かユンヂチはあの世から目が届かない日とされ、お墓の建立や仏壇の移動などには適当という考えになったようです。しかし、お墓の建立は祖先にとって良いことをするので、建てたい時に堂々とするのが良いと思われます。次回は2012年(辰年)になります。
永代使用権とはどのような権利ですか?
墓地管理者(宗教法人等)の墓地使用規定に基づいて、墓地を使用する権利を買うということです。ですから個人への名義変更(登記移転)は出来ず、管理者を無視して勝手に転売したり、処分することは出来ません。
お墓の地鎮祭・お祝い(開眼式・入魂儀礼)などの準備をするのが大変ですが・・・
冠婚葬祭を専門にサポートする業者を紹介することが出来ます。生花やお供え物(重箱・モチ・果物・お菓子盛等)から、返礼品やお弁当など一切を揃えることが出来ます。お墓までの配達もしていますので利用されると便利だと思います。
大きさや形は似ているのに価格の違いが目立つのはなぜ?
最近新聞広告や折り込みチラシなどに掲載されている価格の安さに驚かされることも多いと思います。お墓の価格には、基礎工事(土間)・外柵工事(塀)・墓石代・お墓の取り付け工事費などがあります。墓地の場所によって工事の際に使用する重機が異なり価格も大きく変わります。また、墓石(お墓)の大きさが同じでも、墓地が広くなれば基礎工事費は高くなります。墓石代金以外の費用については所有する墓地の立地条件・坪数で価格に幅がある為展示場や新聞・チラシ等では墓石代(墓石本体のみの価格)を掲載しているようです。お墓本体の間口・奥行き・高さがほぼ同じでも石の厚みや使用する石の量によって価格は変わります。
お墓参りに行くたびに花瓶や湯のみが割れていて困っています。良い方法はありませんか?
沖縄は台風の影響で破損する場合が多くみられます。 サビにも強く、落としても割れないステンレス製の花立・湯のみ(ネジ式)があります。
墓標の文字が赤いのはなぜ?
生前はの場合は、まだ血が通っていると言う事で、墓標の色は赤にしています。
また、生前にお墓を建てると長生きすると言われています。
お墓が黒ずんで汚いのですが・・・
琉球石灰岩や、コンクリートで造られたお墓は年月が経つにつれシミやコケ等の汚れが目立ってきます。
高圧洗浄機や洗剤を使ってクリーニングする事で、見違えるほどきれいになります。
所有している墓地が小さい(1坪)のですが沖縄式の破風墓を建立したいと考えています。規格品ではサイズが大きく困っています。良い方法はありませんか?
当社では、規格品ではなくお客様がお持ちの墓地に見合うように設計を行っています。1坪でも破風墓の建立はかのうですのでご希望のデザインをお聞かせください。
古いお墓から新しいお墓へお骨の移動は手伝ってくれますか?
はい。当社にて古墓の蓋を開ける道具を準備していますのでご安心下さい。また、新しいお墓が完成するまでの間、当社にてお預かりいたしております。
どれくらいの工期がかかるの?
土地の場所や状況によって異なりますが、注文を受けてから、お客様の希望するお墓の作成に入りますその間に、お墓を設置する場所にてコンクリートを流し込み養生期間を置き、お墓を設置します。長くても二ヶ月ほどはかかります。